健康は食事と運動から|食事で改善できる高血圧の症状|原因を突き止めて生活を見直す

食事で改善できる高血圧の症状|原因を突き止めて生活を見直す

健康は食事と運動から

男の人

一般療法から始める

高血圧症には大きく分けて2つの種類があります。その一つは、体の中に原因となる病気があり、それによって高血圧になるものです。これを二次性高血圧症と言いますが、この場合は原因となっている病気を治療することで高血圧も解消します。もう一つが、本能性高血圧症で、この病気の9割以上を占めています。日常、「血圧が高くなって困っている」などとよく話題になるのは、こちらの方ですね。原因は「これ」と明確に分かっているわけではありませんが、喫煙や過度の飲酒、日常の食生活、またストレスなどが大きな誘因になっていることは間違いありません。ですから、症状改善のためには、原因となっているものを一つずつ改めていく必要があります。薬物療法としては、血圧を降下させる薬である降圧剤を使いますが、最近では、病院でも、薬に頼らずに、まずは食事や運動を中心とした一般療法での症状改善を求める場合がほとんどです。

塩分の摂り過ぎに注意

ナトリウムは生命活動の維持に必須のミネラルです。欠如すると人は生命を維持していくことはできませんが、過度の摂取も生活習慣病などの病気を引き起こします。その一つが高血圧症で、現在の日本人はナトリウム、つまり塩分の摂り過ぎだと言われて久しくなりました。摂取過剰の状態が続くと、人によっては排泄がうまくいかなくなり、体内に蓄積しつづける状態になります。そのため体内のナトリウム量が多くなり、高血圧になりやすいと言えます。高血圧の症状改善のための具体的な方策として、醤油や味噌などの調味料、漬け物や佃煮、塩分の多い塩魚などを控え目にすることが望まれます。また、運動も非常に大事です。急に激しい運動を始めるのではなく、朝や夕方のウォーキングをすることが症状の改善に効果的です。